大河ドラマおんな城主 直虎【第49回 本能寺が変】の感想



 
今回の物語は、戦国史の中でも
特に大きな事件である本能寺の変に
井伊万千代(菅田将暉さん)や徳川家康(阿部サダヲさん)など
徳川家の面々が巻き込まれていく物語になっています。

この大きな歴史上の転換点に、彼らは何をするのでしょうか。

また、何をなすことが出来るのでしょうか。
 

スポンサーリンク


徳川家一行が安土城へ

今回のおんな城主直虎は
徳川家一行が安土城に向かうところから始まります。

 

これから何が起こるかわからない徳川家一行は
招待主である織田信長(市川海老蔵さん)の
一挙手一投足に戦々恐々としながら、この招きに応じることになります。

一方その頃、井伊直虎(柴咲コウさん)が
徳川家一行の退路を確保するために堺で暗躍します。

 

京都で計画通り謀反が起これば
陸路で三河に帰るのは危険と判断した直虎は
堺から海路で三河に戻ることを計画
たまたま堺にいた龍雲丸(柳楽優弥さん)の力を借りながら
船で三河に帰るための計画を進めていきます。

 

そうこうしているうちに
ついに明智光秀(光石研さん)が信長のいる本能寺を奇襲
歴史は大きく動き出していきます。

 

堺から京都に向かう最中この話を聞いた家康とその一行は
このまま陸路で三河に帰ることになります。

 

三河に帰った家康は、明智につくべきか
それとも織田につくべきか迷いますが
情報が出揃ってないのにうかつに動くのはまずいと考え
隣国にいる織田家の家臣を助けるという名目で
様子を見ることにします。

 

そこで、今回の物語は終わりを迎えます。

それぞれの本能寺、そして物語の終わり

今回の物語の見どころは、本能寺の変を巡るやりとりです。


スポンサーリンク


徳川家康一行は、京都におびき寄せられたあと
暗殺されるという事前情報を仕入れた上で安土に行っているので
この先どうなるのか、信長がいつ仕掛けてくるのか
戦々恐々としながら日々を過ごしていきます。

 

確かに、もうすぐ殺されることが分かっている上に
ことが起こるまで逃げられないのですから
おびえる気持ちはよく分かります。

 

しかし、よく考えれば

「京都におびき寄せたあと家康を暗殺する計画がある」

と言っているのは、明智光秀だけです。

 

ということは

「この話は光秀のついた嘘なのでは?」

となるわけです。

 

前回の物語が一気にたたみかけてくるような内容だった上に
信長には徳川信康(平埜生成さん)を自害させたという前科があるので
そうなってもおかしくないと思いましたが
よく見ると、信長が家康に殺意を見せるようなシーンは一度もありません。

 

その代わり、家康に茶器を与えようとするシーンがあるだけです。

 

信長が家康をどうするつもりだったのか
それを直接示すシーンは何もないので
これは推測になりますが、これから殺そうとする人間に
高価な茶器を渡そうとするだろうか、ということを考えると
信長が家康を殺そうとするのは光秀のついた嘘なのでしょう。

 

この嘘に、私もまんまと騙されました。

 

見事に視聴者の不意をついたこの物語が
どのような最終回を迎えるのか、それが今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 最終回「石を継ぐ者」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 最終回「石を継ぐ者」の予告編

 

※第49回「本能寺が変」の視聴率(関東地方)は12.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す