大河ドラマおんな城主 直虎【最終回 石を継ぐ者】ハッタリの感想



 
井伊谷という小さな地域の領主として
八面六臂の活躍をしてきた井伊直虎(柴咲コウさん)にも
ついに、最後の時が訪れます。

その死は、彼女の後継者である井伊万千代(菅田将暉さん)に
どのような影響を与えるのでしょうか。

そして、その志は万千代に受け継がれるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


明智家の子供を井伊の隠し里に隠そうとする井伊直虎

今回の物語は、井伊直虎が
井伊谷に戻ったところから始まります。

 

井伊谷に戻った直虎は、明智と徳川が繋がっていた証拠である
明智家の子供を、井伊の隠し里に隠そうとします。

そこに徳川家の命令を受けた井伊万千代が現れ
その子供を渡してほしいと直虎に要求しますが、ここで徳川家に子供を渡すと
口封じのために始末されると考えた直虎は、それを拒否します。

 

その緊迫した状況下で、織田家のものが現れ
状況がさらに混沌としますが

「この子は信長公の子供だ」

と直虎がハッタリをかましたことが功を奏し
直虎は、穏便な形でこの危機を収拾することに成功します。

 

しかしその後、直虎は少しずつ体調を崩していき
ついには息を引き取ります。

 

その頃、徳川家は北条家との戦争に突入してしまいます。

 

いつまでも北条家と戦っている余裕がない徳川家は
北条家との和睦を模索、ここで万千代とその仲間たちが活躍し
徳川家は有利な形で北条家と和睦することに成功します。

 

そして、その功績を認められた万千代が元服し
井伊万千代から井伊直政と名を改めたところで
この物語は幕を閉じます。

井伊直虎、最後の大仕事

今回の物語の見どころは、明智家の子供を何とか守ろうと
直虎が活躍するシーンです。


スポンサーリンク


明智家から人質として送られたこの子供は
徳川家と明智家が通じていた証なので
徳川家としては何が何でも始末しておきたいところなのですが
これを直虎が見事に阻止します。

 

直虎とこの子は特に何の関係もないので
面倒事には関わらないでおこうと放置することもできたわけですが
出来るだけ人を死なせたくないという直虎の性格上
見捨てることが出来なかったのです。

 

ここで、直虎最後の活躍が始まります。

 

その子供は明智家のものだろう
(始末するから)今すぐよこせという織田家のものに対し

「この子は信長公の子である」

と、とんでもないハッタリをかますところは実に痛快でした。

 

いくらなんでもそれはないだろうと疑う織田家のものに対し

「子供を預かった時にともに預かった茶器がある、信長公の書状もあるぞ」

と証拠を次々に出した後

「この子供を殺してしまったら、本当に大変なことになるがそれでもいいのか」

と、とどめのハッタリをたたみかける姿は実に素晴らしかったです。

 

これで、おんな城主 直虎という物語は終わりですが
また、こんな素敵な物語を見てみたいものです。

 

※最終回「石を継ぐ者」の視聴率(関東地方)は12.5%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す